FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンのお葬式

フィリピンのお葬式

フィリピンのお葬式は日本のお葬式とは随分とやり方が違います。一番の違いは亡くなってからお葬式が行われるまでの期間の長さで、Mommy~♪の母親の場合も亡くなったのが4月27日でお葬式が行われたのが5月8日ですから、10日間棺が実家に置かれていました。海外へ出稼ぎに行っている人が多いフィリピンの場合、家族が集まるまでに時間が掛かるのがその理由だそうですが、私達もフィリピンに行くことができたのは5月4日で母親が亡くなってから1週間目でした。

フィリピンのお葬式

お葬式が行われるまでは、毎日が日本でいう“お通夜”が続くわけですが、日本のお通夜とは全く異なり、とにかくにぎやかに過ごします。庭にはテントが張られ、ビデオケ(カラオケ)の機械が持ち込まれて一日中誰かが歌を歌っています。

ビデオケの合間にはビンゴゲームやカード(トランプ)ゲームが行われます。夜になるとバンド(ドラム、キーボード、ギター)がやってきて弔いの歌(らしい)を歌うのですが、決して暗い歌ではなく意外と明るい歌だったりします。

お通夜の期間中は、門の扉は外され24時間誰かが棺のそばで過ごしていました。

フィリピンのお葬式

お葬式の日は、棺がガラス張りの霊柩車に乗せられ教会に向かってノロノロと走ります。、その後を私達遺族やお葬式に参列する人達が歩いていきます。教会ではミサが行われた後、再び棺が霊柩車に乗せられ今度は墓地へと向かいます。この時も、最後の時を惜しむようにとてもゆっくりと歩いていきます。

墓地に着くと、棺の中の母親に最後のお別れをして棺が閉じられます。棺がお墓に納められた後、お墓に蓋がされてセメントで固められました。

コメントの投稿

非公開コメント

タグ一覧

最近の記事

カテゴリ

リンク

RSSフィード

全ての記事を表示

ランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
2027位
アクセスランキング≫

[サブジャンルランキング]
結婚生活
693位
アクセスランキング≫
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。