スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供手当、「年2回以上の面会」ってまじめに働いている外国人には無理でしょ?

名古屋の、子供手当センターとのやりとりで
「年2回以上の面会」(海外に残してきた子供との)
が必要っていう、厚生労働省の通達に、だんだん腹が立ってきた。

看護士や介護士として、来日している人達の場合はどうなんだろう?
年2回以上、母国の子供達と面会している人は、かなりの少数派だと思うんだけど。

「子供手当、外国人」でネットを検索していると、「出稼ぎ外国人」ってものすごく悪者扱いだけど、
看護士や介護士になるために来日している人達は、もちろん本人達の希望もあるだろうけど、老人の面倒を見るのが嫌な日本人の為に「働きに来て貰っている」人達で、働いた分の税金や地方税、健康保険や雇用保険なんかもちゃんと払っている人ばかりなのに、どうしてあんなに悪く言えるのか不思議。

一部にタチの悪い外国人がいるのは事実だけど、日本人の中にいるタチの悪い人達とそんなに比率は変わらないと思う。

それにしても、厚生労働省が出している通達の「年に2回以上の面会」という子供手当支給の要件は、おかしいと思う。
普段から仕送りをしていて、年に2回以上帰国できる人は普通に務めている外国人には無理だし、東南アジア系だったら、日本に呼ぶ(観光ビザ)のだってそんなに簡単じゃないから。

大体、「日本は日本人だけのものじゃない」のに、なんで「外国人、外国人」って騒ぐんだろう?

コメントの投稿

非公開コメント

タグ一覧

最近の記事

カテゴリ

リンク

RSSフィード

全ての記事を表示

ランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
1457位
アクセスランキング≫

[サブジャンルランキング]
結婚生活
517位
アクセスランキング≫
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。