スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供手当、年に2回以上子供とあっていないと支給されない。

Mommy~♪がフィリピンに残してきている長男の子供手当を申請しようと区役所に電話してみた。
長男は、1998年1月生まれの12歳だから受給資格はあるはずなんだけど、

「年に2回以上の面会と、4ヶ月に1回程度の仕送り、来日前には同居していた証明が必要」
という厚生労働省の通達が来ているそうで、丸4年帰国していないMommy~♪は、受給できないそうである。

「法律的に、そう決まっているんですか?」
とのDaddy問いに、
「厚生労働省からの通達なので、そうだと思います」
との答えだった。

まぁ本来、日本人の子供のための手当だから、「しょうがないな」と思ってみたが、
よくよく考えると、ちょっとおかしい。
Mommy~♪は、フィリピン人だけど最近は日本で仕事をしていて、所得税も払っているし、市県民税も払ってる。
国民健康保険にも加入して、保険料だって払っているのに、何故そんな基準(年2回以上の面会)で手当をもらえないのだろう?

4年も帰国していないのは、こちらの生活も厳しくて帰国するだけのお金があるのなら少しでも多く送金したいからだったのだけど、

たぶん、法律には、そんなことは書いていないと思う。
「子供手当」には、批判が多くて、評論家の勝谷氏あたりが「海外に100人養子がいれば、遊んで暮らせる」
なんていうようなことを大袈裟に騒ぐので、そういった不満に答えるためにとっている措置なんだと思う。

もう10年近くも日本で生活しているから、消費税だって相当払っているのに、なんでこんな風に差別されなきゃ行けないんだろう?

厚生労働省といえば、フィリピンも含む東南アジアから看護士や介護士になるための人達を呼んで、働かせていたけどその人達だって、年に2回の面会なんてできていないはずだ。

そもそも、看護士や介護士になる人達を日本に招聘している団体は、厚生労働省の天下り団体で独占的に来日を斡旋しているのに、そんな扱いで来日している人達は納得しているのかな?

うーーん、やっぱり納得できない!!!

コメントの投稿

非公開コメント

タグ一覧

最近の記事

カテゴリ

リンク

RSSフィード

全ての記事を表示

ランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
1700位
アクセスランキング≫

[サブジャンルランキング]
結婚生活
598位
アクセスランキング≫
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。